視力回復のための様々な方法をご紹介。

近視の種類2 視力回復の方法

視力回復のための様々な方法をご紹介。





      

近視の種類2

近視は分類の仕方によっては、次のようにも種類分けすることが出来ます。
臨床による分類をした場合には、「シンプル近視」と「病的近視」に分けることが出来ます。
シンプル近視のほうは、ごく一般的な近視を指し、その多くは遺伝もしくは境遇によって発生すると言われています。
これは、別名として「学校近視」などと呼ばれる場合もありますように、多くのかたは、小学校高学年あたりの年代から始まることが多いのです。

原式視力回復法『ブリージング・アイ』

近視改善で視力回復!自宅で出来る〜今野式近視改善エクササイズ

思い当たるかたもいらっしゃることでしょう。
そして、「病的近視」のほうは、何らかの原因のために眼軸が伸びてしまい発生する軸性近視のことを言います。
軸性近視については、前回詳しい説明をしていますね。
これは学校近視よりもさらに早い幼児期に発生することが多いように思えます。
臨床による分類ではありませんが、「核性近視」という近視もあります。
こちらは若い世代に発生する近視とは異なり、高齢になってから発生するものです。
老人性の白内障に伴って、近視化する場合もあるということです。
核性白内障という症状があるのですが、それが起きた場合になってしまうのが、この核性近視なのです。
わたしたちは、遠くのものが見えにくくなりますと、「近視」の一言ですませてしまいがちですが、実際にはいくつかの種類があるということがお分かりいただけたと推察されますが。
これらは、なんらかの視力回復の手段によって回復が可能な近視ですから、あまり落胆せずに今後の記事に期待していただきたいと推察されますが。
その視力回復の手段も、一つや二つではありませんから、きっとあなたに合ったものが見つかると推察されますがよ。




Copyright (C) 2015 視力回復の方法 All Rights Reserved.


視力回復のトレーニング コンタクトレンズの比較 コンタクトレンズの比較 レーシック手術について 乱視の矯正 レーシック手術の失敗リスク レーシックについて 遠視の原因と矯正 視力回復の方法 視力回復の方法 視力回復のためのレーザー手術