視力回復のための様々な方法をご紹介。

近視の種類1 視力回復の方法

視力回復のための様々な方法をご紹介。





      

近視の種類1

前回の記事をご覧になって、なるほどと思ったことはないでしょうか。
周りを見回してみますと、遠視よりも近視のかたのほうがずっと多いですよね。
このような事実からも、前回の内容がより会得できるのではないかと思います。
遠視のかたよりも近視のかたがずっと多いわけですが、近視にはいくつか種類があります。
以前にご説明した、真性近視と仮性近視という分類のほかに・・・ということです。
それを今回はご紹介してみようと思います。
最初に言っておきますが、99%の近視は、視力回復の手段がありますので、あまり心配なさらないようにしてくださいね。
言い添えれば、中には視力回復が望めないものもありますが、それについては今回は外しておきます。
ごく一般的な近視・・・これは真性近視にも分類されますが、「屈折性近視」と呼ばれることもあります。
角膜、もしくはクリスタル体の曲率が強いために焦点が短か過ぎ、網膜より前方で焦点を結んでしまうものがこれにあたります。
「軸性近視」と呼ばれるものもあります。
これは、眼球そのものが通常より前後に長いために、クリスタル体と網膜との距離が長過ぎて、網膜よりも前の方に像を結んでしまうものを言います。
眼球が楕円状になっているということですね。
遺伝だと言われる近視の大半は、この軸性近視に分類されます。
また、この軸性近視の特長として、眼球が通常よりも前後に引き伸ばされているために網膜が薄くなっていて、網膜剥離を起こしやすいというデメリットもありますから注意が必要です。

乱視改善で視力回復!自宅で出来る今野式乱視改善エクササイズ

1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法

もちろん、眼球の形にかかわらず視力回復の手段はあります。




Copyright (C) 2015 視力回復の方法 All Rights Reserved.


レーシック手術の失敗リスク 視力回復の方法 レーシック手術について レーシックについて 乱視の矯正 コンタクトレンズの比較 視力回復の方法 視力回復のトレーニング コンタクトレンズの比較 視力回復のためのレーザー手術 遠視の原因と矯正