視力回復のための様々な方法をご紹介。

視力回復手段(その他の手術) 視力回復の方法

視力回復のための様々な方法をご紹介。





      

視力回復手段(その他の手術)

現在の視力回復手術では、なんと言いましてもレーシックが主流ですが、実は視力回復のための手術なぜなら他にもあるのですね。
もっとも古くから行われているのが「RK手術」という手段です。
これは、ロシアで開発された手術で、ダイヤモンドメスを使用し、角膜に放射状に切れ目を入れるのです。
けっこう長い歴史があって、手術例も見過ごせないほど多いです。
現在のRK手術は、この初期のRK手術に改良を加えた、アメリカ式の手段です。
ですが、この手術は軽度の近視のかたに向けたものであるので、強度の近視のかたには視力回復が少し難しいという欠点があります。
「PRK手術」という手段もあります。
こちらは、レーシックに甚だしくよく似た手段ではありますが、違うところを挙げるという考え方をするならばフラップを作らないところでしょう。
激しい運動などを頻繁に行うスポーツ選手などは、レーシックよりもPRK手術のほうが向いているように思いますが。

徳永式3日間で視力回復!1.5視力回復プログラム

14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye

ただし、この手段にも微細な欠点がありまして、レーシックのように両目を一回で手術することは出来ません。
しばらく期間をおいて、片方ずつ行うことになります。
また、リネン酔が切れた後、他の手段に比べて痛みが長く残るという欠点もあります。
他にもまだ「ICR手術」という手段があります。
これは、角膜の周辺部分にリングを埋め込んで変形させ、視力回復させるという手段です。
こちらもレーシックなどに比べれば、費用が高価であったり、思ったほど視力が回復しなかったり、外傷に対して弱いなどという欠点があります。
このように、視力回復の手段は手術だけみてもレーシックだけではないということが、お分かりいただけたと思いますが。




Copyright (C) 2015 視力回復の方法 All Rights Reserved.


遠視の原因と矯正 レーシックについて 視力回復のためのレーザー手術 レーシック手術について 乱視の矯正 コンタクトレンズの比較 視力回復の方法 レーシック手術の失敗リスク 視力回復のトレーニング コンタクトレンズの比較 視力回復の方法