視力回復のための様々な方法をご紹介。

視力回復手段(レーシック3) 視力回復の方法

視力回復のための様々な方法をご紹介。





      

視力回復手段(レーシック3)

視力回復なら、レーシック・・・と言われるくらい最近では人気のレーシックですが、多少の合併症や後遺症はありますので、注意をしてください。
今のところ、リスクゼロで視力回復する手段といえば、メガネか目のトレーニング法しかありません。
他の手段には、多少なりともリスクがつきまといます。
レーシックに関しましても、前回お話いたしましたドライアイだけに留まらず他にもいくつかありますから、本日も引き続きお話してまいります。
今回も専門用語になりますが、「ハロ・グレア」という症状が出る場合があります。
近視のかたでしたら分かりやすいかもしれませんが、夜間に外灯や車のライトなど光るものを見た時に、異常にまぶしく感じたり光が大きく見えたりする症状です。
これはレーシックによって矯正された部分と、そうでない部分から入ってくる光が、乱屈折を起こすために起こる現象なのですね。
この症状が出やすいタイプのかたがいまして、暗いところであっても黒目のサイズが大きいかたがそれにあたります。
これを暗所瞳孔径(あんしょどうこうけい)と言います。
ハロ・グレアの症状が出ることで何が困るのかと申しますと、夜でも光のかなりの数になる場所に行きますと、まぶしく感じ、さらに街全体がぼやけて見えるようになります。
とくに気をつけたいのは、夜に車の運転をなさるかたです。
ハイビームなどの光が異常にまぶしく感じてしまうようになるでしょう。

徳永式3日間で視力回復!1.5視力回復プログラム

14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye

ですが、無論車の運転ができなくなるということはありませんし、暗所瞳孔径は年をとると一緒に小さくなってゆきますから、だんだんまぶしさが改良されてゆくことも考えられます。




Copyright (C) 2015 視力回復の方法 All Rights Reserved.


コンタクトレンズの比較 視力回復の方法 遠視の原因と矯正 レーシック手術の失敗リスク 視力回復のトレーニング 乱視の矯正 視力回復の方法 コンタクトレンズの比較 レーシックについて 視力回復のためのレーザー手術 レーシック手術について