視力回復のための様々な方法をご紹介。

視力回復手段(レーシック2) 視力回復の方法

視力回復のための様々な方法をご紹介。





      

視力回復手段(レーシック2)

視力回復の手段として、現在付加的にも脚光を浴びているレーシックですが、この万能と思える視力回復手段にも、多少のリスクはつきまといます。
実際にレーシックを受ける前に、それらを知っておいた方が良いと思いますがので、本日はレーシックによる合併症と後遺症についてお話してみたいと思いますが。
無論これらの合併症や後遺症に関しましては、全員が発症するわけではありません。
多くのかたが発症する症状もあれば、ごく少数のかただけが発症する症状もありますことを踏まえたうえで、お読みください。
レーシックを受けることによって、割と多くのかたに症状が出てしまうのが「ドライアイ」です。
これは、目が乾燥するという症状でありまして、レーシックをしていなくても、コンタクトレンズを長時間つけているかたに多く見られる症状として著名です。
本源的にも涙の量が少ないために、目薬がないと目が乾燥して苦痛も出てくることになります。
レーシックの場合には、レーザーを角膜に放射する際に涙腺もいっしょに焼いてしまうことになります。
ですが、この涙腺は3カ月程度で再生してくれるのですが、それまでの間、ドライアイの症状が出るということになります。
レーシックの後、ずっとというわけではありませんし、本源的にドライアイを感じたことのないかたであれば、症状が出ない確率も高いですから、それほどの心配はいらないと思いますが。
レーシックを受ける前から、ドライアイ気味であったかたは、症状がさらに激しく出る可能性はあります。

原式視力回復法『ブリージング・アイ』

近視改善で視力回復!自宅で出来る〜今野式近視改善エクササイズ

3カ月程度の間は、頻繁な目薬で対応すれば大丈夫でしょう。




Copyright (C) 2015 視力回復の方法 All Rights Reserved.


遠視の原因と矯正 コンタクトレンズの比較 レーシック手術について レーシックについて 乱視の矯正 視力回復の方法 視力回復の方法 コンタクトレンズの比較 視力回復のトレーニング レーシック手術の失敗リスク 視力回復のためのレーザー手術