乱視の原因から対策までをご紹介。

乱視の矯正 乱視の矯正

乱視の原因から対策までをご紹介。





      

乱視の矯正

乱視は視力低下の要因で、乱視の目は人1倍見る努力が必要な為、放置してしまうと知らないうちに目を酷使し、眼精疲労になりがちです。
また、乱視は頭痛や疲労感、肩こりなどを引き起こす事もあります。
この様な乱視の矯正方法は、以下に挙げている様な矯正法が一般的です。

「眼鏡による乱視矯正」
乱視の矯正は、一つの方向のみを矯正する円柱レンズが使われます。
乱視は角膜の屈折力が揃っていない為焦点が出来ません。
この為、一つの方向だけに屈折力を持っている円柱レンズを使って、角膜のカーブのキツイ面から入ってくる光を調節します。
この円柱レンズとは、円柱を立てた状態で、縦方向へ垂直に切り取った形のレンズで凸、凹の円柱レンズがあります。
この円柱レンズと、球面レンズの組み合わせによって、様々な乱視に対応するのが一般的です。

「コンタクトレンズでの乱視矯正」
よく乱視は眼鏡かハードコンタクトしか使えないと言われますが、それは違います。
円柱レンズを使った乱視矯正用具には、眼鏡やハードコンタクトレンズの他に、ソフトコンタクトレンズのあるのです。
最近では、乱視用の使い捨てのソフトコンタクトも販売されています。
また、角膜が要因の場合の乱視には、ソフトコンタクトレンズやハードコンタクトレンズのより矯正することが出来ます。

乱視改善で視力回復!自宅で出来る今野式乱視改善エクササイズ

1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法

詳しくは眼科医に相談してみるのが良いでしょう。

「手術やレーザーによる乱視医療」
眼鏡やコンタクトレンズの装着に向かないスポーツを行う場合や、コンタクトの装着が体質的に無理な場合などは、レーザー医療や手術によって乱視の医療をすることも出来ます。




Copyright (C) 2015 乱視の矯正 All Rights Reserved.


視力回復のトレーニング コンタクトレンズの比較 視力回復の方法 レーシック手術の失敗リスク 遠視の原因と矯正 乱視の矯正 視力回復のためのレーザー手術 レーシックについて コンタクトレンズの比較 レーシック手術について 視力回復の方法