乱視の原因から対策までをご紹介。

乱視のレーシック 乱視の矯正

乱視の原因から対策までをご紹介。





      

乱視のレーシック

レーシックをはじめとする多くの視力矯正の手術は99%が近視を対象としたもので、乱視・老眼・遠視の場合はどうなるのか知りたくはありませんか?
日本人は、視力が悪い場合は近視であるということが圧倒的にかなりの数になる為、レーシックは近視のケースの症例が多くなってしまいます。
近視に比べ乱視・老眼・遠視の人数が圧倒的に少ないのでどうしても症例が少なくなってしまうのです。

徳永式3日間で視力回復!1.5視力回復プログラム

14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye

では、レーシックは乱視や遠視、老眼に対応出来るのかどうかという事ですが乱視と遠視の場合は矯正をすることが出来ますが、老眼の場合はレーシックにより医療することは出来ません。
老眼とはピントを合わせる為に厚さが変わるクリスタル体が柔軟性を失って硬くなってしまう老化現象が問題のため、レーシックにより角膜の屈折率を変えてもまったく意味がないのです。
レーシックは近視だけではなく使用するレーザーの照射パターンを変える事により遠視の矯正をすることも可能です。
乱視についても眼鏡やコンタクトレンズにより矯正が可能なレベルであればレーシックにより十分矯正することが出来ます。
言い添えれば、レーシックで矯正が可能である乱視・遠視の適応範囲があります。
遠視は+5D位迄、乱視の場合は6D位が目安になります。
だけど、その数字だけで医療が出来るか出来ないかが決まるわけではないので、一度診察を受けてみることをおすすめします。
なお、米国眼科学会は遠視矯正のレーシックについて、45歳頃には老眼鏡が必要となってしまう事を覚悟する必要があるとの情報を提供しています。




Copyright (C) 2015 乱視の矯正 All Rights Reserved.


視力回復のトレーニング コンタクトレンズの比較 視力回復のためのレーザー手術 レーシックについて 視力回復の方法 レーシック手術について 視力回復の方法 遠視の原因と矯正 乱視の矯正 レーシック手術の失敗リスク コンタクトレンズの比較