乱視の原因から対策までをご紹介。

乱視の種類 乱視の矯正

乱視の原因から対策までをご紹介。





      

乱視の種類

乱視の要因として、クリスタル体が要因になった場合もあるのですが、99%の場合、角膜が要因となっているのです。
正常な人は、角膜は縦方向も横方向もだいたい同じ様にカーブしていますが、乱視の人はカーブしている度合いが、縦方向と横方向で異なっています。
その為、縦方向と横方向で屈折力に差が生まれ、眼底にきちんとした像を結ぶことが出来ないのです。
一般的に、乱視はあまり変化をすることは無く、軽い場合は近視と同じ様に眼鏡で矯正出来ますので、とくに心配する必要はありません。
しかし、乱視が強い場合は眼鏡では物がゆがんで見えてしまう為、ハードコンタクトレンズを装着します。
現在、乱視に対応したソフトコンタクトレンズも売られているので、ハードレンズが不得手な方でも、無理なく矯正をする事ができます。

乱視の種類
・不正乱視
角膜表面が凸凹な状態のものを言います。
角膜の疾患が要因で、後天的に不正乱視になってしまう場合もあります。
不正乱視の場合、乱視の矯正において使用される円柱レンズでは矯正する事が出来ないので、コンタクトにより矯正しますが、完全には矯正できない場合もあります。

・正乱視
角膜の曲がり方が、一つの方向で最も強く、これに直行する方向が一番弱い、両線の間がなだらかに変化する物を、「正乱視」と言います。

・直乱視
正乱視の強く主な径線が垂直な方向の物を「直乱視」と言います。
正乱視の90%程度をこの、直乱視が占めています。

・倒乱視

徳永式3日間で視力回復!1.5視力回復プログラム

14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye

正乱視の強く主な径線が水平方向のものを「倒乱視」と言います。

・斜乱視
まれに強く主な径線が斜めの方向の場合がありますが、これを「斜乱視」と言います。




Copyright (C) 2015 乱視の矯正 All Rights Reserved.


コンタクトレンズの比較 レーシック手術の失敗リスク コンタクトレンズの比較 遠視の原因と矯正 視力回復のためのレーザー手術 レーシック手術について 視力回復の方法 乱視の矯正 レーシックについて 視力回復の方法 視力回復のトレーニング