乱視の原因から対策までをご紹介。

乱視の要因 乱視の矯正

乱視の原因から対策までをご紹介。





      

乱視の要因

角膜乱視は、後天性と先天性の2つに分かれます。
先天性の角膜乱視の要因において考えられる事は、母親のお腹の中に居る胎児の状態と出産時の対処による場合に分けられるのです。
後天性の角膜乱視の要因において考えられる事で、最も多い事は目を細める事により眼球へかかる圧迫と逆さ睫毛です。
近視の初期に、遠くを無理に見ようとして、目を細めたりすると目の周りの筋肉によって、角膜が押し潰されて、変形してしまいます。
無意識に目を細める人が多いですが、角膜乱視を予防する為にも、目を細めることは絶対に避けたいです。
新生児や、乳幼児の、肥満により、角膜乱視が起きることも多いので、早期発見の早期医療が重要です。
クリスタル体乱視とは、クリスタル体が一定の方向に歪んでしまい、元に戻らなくなってしまった状態の事です。
その要因としては、先天的な物と後天的な物の場合に分かれます。

徳永式3日間で視力回復!1.5視力回復プログラム

14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye

先天的な場合の要因としては、生まれつきクリスタル体と角膜に乱視を持っていて、互いに乱視を打ち消し合っている場合です。
遺伝的に、形状が決まっている為に無理やり取り除こうとしてしまうとバランスを崩してしまうことがあるので、コンタクトの場合はソフトレンズを用います。
後天的な場合の要因としては、偏った目の使い方により、クリスタル体がゆがんでしまう状態です。
一例を参照するならば、例えば、長時間パソコン画面などを見ていると、クリスタル体が下に引っ張られ元に戻らなる状態のなどです。
常に目を動かしたりして、ゆがまない様にしましょう。




Copyright (C) 2015 乱視の矯正 All Rights Reserved.


遠視の原因と矯正 レーシックについて 視力回復の方法 コンタクトレンズの比較 レーシック手術の失敗リスク 乱視の矯正 視力回復のためのレーザー手術 コンタクトレンズの比較 視力回復のトレーニング 視力回復の方法 レーシック手術について