乱視の原因から対策までをご紹介。

乱視とは 乱視の矯正

乱視の原因から対策までをご紹介。





      

乱視とは

乱視はクリスタル体や角膜の歪みによって光が網膜に届く迄に乱れてしまう事を言います。
乱視には多様な種類があるのでその種類により対処法も異なります。
乱視は角膜表面の形の異常により横方向と縦方向で屈折率の強い場所と弱い場所が出てきてしまって、バランスが取れていないという原因により起きる屈折異常です。
乱視とは、物を見た時に、物が二重三重に重なって見えたり、霞んで見えたり、という症状が見られます。
角膜の歪みがおもな原因ですが別の事が理由の場合もあります。
乱視は遠視や近視と違って常にピントの合う場所が無いので目が異常に疲れるのが特性といえるかもしれません。

乱視は、正乱視と不正乱視に分類されます。
正乱視に分類される物は以下の3種類です。

■直乱視
屈折力の強い強主経線が垂直の方向。

■倒乱視
屈折力の強い強主経線が水平の方向。

■斜乱視
屈折力の強い強主経線が斜め方向。

不正乱視として分類されるものは

■不正乱視
角膜表面が凹凸になっていて強い乱視の場合は相当スピリット的にも肉体的にも辛いですが、最近では円柱レンズのほか、乱視の矯正専用コンタクトレンズにより医療をすることが出来ます。
クリスタル体が原因の乱視の場合はその限りではありません。

<その他の視力阻害要因>
■不同視
左右の目の視力に著しい差がある目の事を不同視と言います。
不同視には異種不同視と同種不同視があります。

乱視改善で視力回復!自宅で出来る今野式乱視改善エクササイズ

1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法

斜視
両目の視線が正しく見ている目標に向かわない物を斜視と言います。
眼筋の神経支配の異常や眼筋そのものが異常な場合、眼筋附着郡の異常などによって斜視になります。
弱視
裸眼視力が0.3以下で、矯正をしていても0.4以上の視力にならない眼を弱視と言います。
弱視には、器質的弱視と、作用的弱視の2つがあります。




Copyright (C) 2015 乱視の矯正 All Rights Reserved.


コンタクトレンズの比較 レーシックについて 視力回復の方法 遠視の原因と矯正 レーシック手術の失敗リスク 乱視の矯正 コンタクトレンズの比較 視力回復のためのレーザー手術 視力回復のトレーニング レーシック手術について 視力回復の方法