乱視の原因から対策までをご紹介。

乱視の矯正のしくみ 乱視の矯正

乱視の原因から対策までをご紹介。





      

乱視の矯正のしくみ

乱視は、主に角膜の曲面で起こっている角膜乱視と、水晶体の曲面・傾斜で起こる水晶体乱視を合わせたものです。
角膜には直乱視がたくさんになるので、水晶体はそれを倒乱視により打ち消す様に働くと言われています。
収差を打ち消す為に、その様な仕組みになっているという説もあります。
望遠鏡や写真機などの光学機器も、レンズをいくつか組み合わせる事により収差を減らして鮮明な像を得るという仕組みになっていますので、信憑性が高い説と言えるでしょう。
乱視を矯正する手段は、眼鏡とコンタクトレンズでは多少違いがあります。

乱視改善で視力回復!自宅で出来る今野式乱視改善エクササイズ

1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法

眼鏡やトーリックレンズという種類のコンタクトレンズでは、目の方向による屈折力の差を、逆方向へ屈折力の差を持つレンズにより打ち消す手段で全乱視を矯正します。
一般的なハードコンタクトレンズでは、角膜とレンズの空間へなみとはいえ、少し付加するという考え方をするならば入り込む事によって、なみとはいえ、少し付加するという考え方をするならばレンズの役割を果たし角膜乱視を打ち消します。
一般的なソフトコンタクトレンズは、柔らかく角膜の形状に沿った形で装着されるので、乱視の矯正効果は少なくなってしまいます。
その結果、角膜に乗せるコンタクトは、水晶体乱視と角膜乱視のバランスを考えた上で選択しなければなりません。
乱視は完全に矯正した方が良いのか、あるいは、日常に問題が無い程度の容易な矯正にした方が良いのか、というのが永久のテーマですが、結論は未だ出ていないように考えられます。
乱視があると、焦点を正確に合わせることが出来なくなってしまいます。




Copyright (C) 2015 乱視の矯正 All Rights Reserved.


レーシックについて 視力回復の方法 視力回復のためのレーザー手術 遠視の原因と矯正 視力回復のトレーニング レーシック手術について コンタクトレンズの比較 レーシック手術の失敗リスク 視力回復の方法 コンタクトレンズの比較 乱視の矯正