乱視の原因から対策までをご紹介。

乱視の矯正 乱視の矯正

乱視の原因から対策までをご紹介。





      

乱視の矯正

乱視とは、角膜の歪みにより起こる現象で、物を見るのにピントが合わず、ぼやけて見えてしまいます。
乱視・遠視・近視はいずれも屈折異常ですが、屈折異常の中で乱視を持っている人の割合は思ったよりも多く、約1/3を占めています。

乱視改善で視力回復!自宅で出来る今野式乱視改善エクササイズ

1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法

人間の角膜は綺麗な円形ではなく、横方向に少し長く楕円を描いています。
この楕円の状態が大きい場合は乱視となります。
楕円の状態が大きいという事は、横方向と縦方向にズレが生じてしまうという事になり、一つの目にまるで違う度数のレンズが二つあるようなものです。
この事を正乱視と言い、視力に影響を与える事になります。
もう一つ不正乱視と呼ばれる乱視があります。
この不正乱視は、角膜表面が凸凹になっていて、物を見ると波打った様な状態に見えてしまいます。
不正乱視は、眼鏡での矯正が出来ず、ハードコンタクトレンズを使用するのですが、ハードコンタクトレンズでも矯正が不可能な場合があるのです。
目の調整力のある若い時では、調整力により遠くが良く見えるという事があります。
しかし、歳を取って調整力が衰え始めると、遠くもぼやけて見えるようになります。
遠視で問題になるのは、ピントを合わせ様とする為、肩こりや眼精疲労の要因になってしまうということ、子供の場合では弱視になる危険性があります。
子供の場合視力が低下したという意識が薄い為、大人が異変に気付いてあげることが必要です。
さらに付け加えるならば、早めに眼科を受診し眼科医の診察、指導のもと適切な矯正をすることが大事です。




Copyright (C) 2015 乱視の矯正 All Rights Reserved.


視力回復の方法 遠視の原因と矯正 視力回復のためのレーザー手術 コンタクトレンズの比較 レーシック手術の失敗リスク レーシックについて コンタクトレンズの比較 視力回復のトレーニング 視力回復の方法 レーシック手術について 乱視の矯正