乱視の原因から対策までをご紹介。

乱視とは 乱視の矯正

乱視の原因から対策までをご紹介。





      

乱視とは

乱視とは
目の屈折面が球面をなしていない為に、外からの平行光線が一点に結像しない目の屈折状態の事を言います。
不正乱視と正乱視に大別されます。

「正乱視と不正乱視」

原式視力回復法『ブリージング・アイ』

近視改善で視力回復!自宅で出来る〜今野式近視改善エクササイズ

目の表面のカーブが、一つの方向で最も強く、これと90°の方向がもっとも弱く、その間がなだらかに変化している物を正乱視と言います。
ハードコンタクトだけではなく、メガネや乱視用のソフトコンタクでも矯正ができます。
角膜の表面が凹凸な物を不正乱視と言います。
円錐角膜が代表的な疾患なのですが、角膜移植や外傷の後になる事があります。
ハードコンタクトで矯正する事は出来ますが、メガネや乱視用のソフトコンタクトでは矯正出来ません。

「乱視に対するコンタクトによる矯正」
〜軽度乱視のコンタクトレンズの選択〜
軽度乱視に対する第一の選択はガス透過性のハードコンタクトないしは球面タイプの一日使い捨てのソフトコンタクトです。
どちらが良いかを一律に述べることは出来ません。
乱視用ソフトコンタクトが必要となる事は、ほとんどないでしょう。
ソフトコンタクトとハードコンタクトレンズでは酸素の供給メカニズムが異なります。
ハードコンタクト着用下の酸素供給は主にまばたきによるレンズの動きにともなう涙液交換により行われ、ソフトコンタクト着用下の酸素の供給は主に素材を通過する酸素にもよります。
レンズのフィッティングが良ければ、目への酸素の供給はソフトコンタクよりもガス透過性のハードコンタクトの方が勝っています。




Copyright (C) 2015 乱視の矯正 All Rights Reserved.


視力回復の方法 レーシック手術の失敗リスク コンタクトレンズの比較 レーシック手術について コンタクトレンズの比較 視力回復の方法 視力回復のトレーニング 遠視の原因と矯正 視力回復のためのレーザー手術 レーシックについて 乱視の矯正