乱視の原因から対策までをご紹介。

倒乱視と直乱視 乱視の矯正

乱視の原因から対策までをご紹介。





      

倒乱視と直乱視

乱視とは 簡単に言えば目の歪みの事なのです。
ラグビーボールは円ではなく楕円形をしています。
そんなには歪んではいませんがイメージとして捉えて下さい。
倒乱視、直乱視
自分が倒乱視なのか直乱視なのかは実はとても重要な事なのです。
なぜなら直乱視はある程度は黙殺しても大丈夫な乱視なのですが、倒乱視の方は頭痛や肩こり等の影響が出やすい乱視であるから、ご想像の通りなのです。
もし手元に眼鏡やコンタクトの度数のデータが書かれた物があれば次の点を確認して見て下さい。
CそれともCylと書かれた右側横にマイナスの表記で数字が書かれていると推察されますが。
次にAXまたはAXISと書かれた右側横に180°や90°などと書いてありますね。
これが乱視軸といって、倒乱視か直乱視の目安になります。
180°よりプラスマイナス20°までのズレが直乱視です。

原式視力回復法『ブリージング・アイ』

近視改善で視力回復!自宅で出来る〜今野式近視改善エクササイズ

90°よりプラスマイナス20°のズレは倒乱視です。
それ以外のズレの場合は斜乱視といいます。
例えるとあなたのAXに165°と書いてあったという場合は直乱視。
70°と書かれていたという場合は倒乱視と言及する事になります。
言い添えれば、注意しなくてはならない点としてあなたが持っているデータは完全矯正値から眼鏡やコンタクト用に補正したデータになるので、絶対値ではないのです。
一例を参照するならば、例えば、正確なデータの場合では170°でも処方される値は180°となっているのが普通なのです。
眼鏡の処方が170°になっているのにコンタクトの処方が180°になっているのはおかしいのでは?と思わないで下さい。




Copyright (C) 2015 乱視の矯正 All Rights Reserved.


視力回復のトレーニング 視力回復の方法 遠視の原因と矯正 レーシック手術の失敗リスク レーシック手術について 視力回復のためのレーザー手術 レーシックについて 視力回復の方法 コンタクトレンズの比較 コンタクトレンズの比較 乱視の矯正